2016年08月16日

どんこのどんちゃん


どんこの”どんちゃん”が死んだ。

蛍の頃、たつの市の用水路から連れ帰った、
どんこの”どんちゃん”。
息子が連れて帰ると聞かないので、慌ててコンビニで水槽を買ったんだった。

こんな都会に連れてこられても元気に生きていて、とても可愛かった。
いつも葉っぱの後ろに上手に隠れていて、水槽を叩いて名前を呼ぶと胸びれをひらひら動かして答えてくれているようで、とても可愛かった。
水を代える時だけ、息子の手のひらをかすめて命に触れさせてもらってた。

昨日の朝、ふと見たら白いお腹を上にして浮かんでた。

実質世話をしていたのは私だったし、飼い方をよく知っていたわけでもなかったので、きっと何かがよくなかったんだろう、何がよくなかったんだろう、ごめんねどんちゃんと詫びて、あんなに可愛かったのに、と、とても悲しくなった。

息子は息子で悲しむというよりなんだか興奮気味に、悔やむ私のそばで、
「水が嫌いだったんじゃない?」とか、「お家が嫌だったんじゃない?」とか、彼なりにどんちゃんの死を検証しているようだったけど、私が「明日埋めてあげようね」としょんぼり言うと、

「だれのせいでもないよ」

と言ったのです。

私をなぐさめようとしてるの?
いやもしかしたら、あんまりお世話しなくなっていた自分をかばおうとしたの? 笑
びっくりしました。

数ヶ月前には愛犬の最期を看取ったり火葬に立ち会ったり、
3歳半の彼なりに”死”というものを理解しはじめて、いろいろと感じているんだろうな。
命はいっこにいっこしかなくて、かけがえのないものだとか、でも最期はやってきて、そのとき人はどんな気持ちになるのかとか、そういうことを理屈ではなく感じているんだろうと思います。
お墓まいりには行けなかったけど、小さな命に手を合わせたお盆でした。




 で、
「今度はちゃんとお世話する!」

と言うので、今度は川ではなくお店に行ったのですが、お魚さんって高いんですね。

どれが欲しいと言い出すかひやひやしていたら、

「メダカさんがいい〜」

ほっ。




D7FA32F9-115D-4F9E-93BA-686034E91FFC.jpg
 

 いらっしゃい!

大切にするよ。












posted by ゆみ at 10:14| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

あっという間


福岡に帰省していました。

ただいま!
我が青春の油山。

3FF4ABD1-F31E-44B8-8442-901BD11C8B33.jpg


それにしても、
福岡も暑かった〜!
夏が大好きで、暑さには強い私でも、ここしばらくの暑さには降参。

せっかくだし!
と、海の中道海浜公園へ。

121F97F2-6495-49C4-9728-54D75FA35FC4.jpg

大人は日陰でやり過ごしてますが、
子どもは元気ですね〜。
交代でお相手を。じいじも出動。
お父さん、帽子。。。
駐車場から水場への往復でかなりの体力を奪われました。
暑い暑い!

F53EB15D-7BBE-42AB-9C51-75CCEB2A05D1.jpg

海も山もすぐそばにあって、
福岡はやはりいいな。
志賀島を周ってきました。

川にも行きました!
那珂川。
山は随分と涼しいですね。


BD79C9FB-6F65-41B3-ABA4-E15E63DF6EBB.jpg

BA936EAE-C7BE-4034-8C72-5009EDC50011.jpg

ヒンヤリ気持ちいい〜!
なかなか川から出てきません。
ぐんぐん水の中に入っていく姿勢に、成長を感じます。
大好きなノブくん(弟です)にもっと遊んでほしかったと不満顔でした。


もう長く家族では出かけなかった場所ばかり。
息子がまた家族を繋げてくれます。

自分の子ども時代に、息子を通して思いがけずタイムスリップします。
そして想うのはその時の自分ではなく母の目線、気持ち、してくれた様々のこと。
整えられた部屋に、洗いたてのシーツに、手をかけたお料理。
感謝の言葉を言えたかどころか、感じていたか事体自信がないのに、母は揺るがず母だった。

私にできるだろうか。

なんで親子なのにこんなに違うのだろうか 笑

母の変わらない母っぷりに甘えて、
ゆっくりしてきました。

8EA31105-5E45-4682-9C78-9BF575B0EA10.jpg

ばぁばが大好き。

息子もすっかり甘やかされ、
帰ってきてからも言うこと聞かない聞かない。

ぼちぼちいきます、
まだまだ暑い夏。


オリンピックも
熱い〜!






posted by ゆみ at 11:23| 大阪 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする