2017年03月21日

森の人



608F9D1A-E38D-49D5-8105-90BCF2E7257B.jpg






マレー語でオランウータンは、
森の人。

オランウータンっていうと、きっと大人も子どももよく知っているお猿だと思いますが、
世界で、ボルネオ島とスマトラ島にしか生息していません。

いつか行ってみたかったボルネオ島、コタキナバル。

今回オランウータンを保護する施設までは足を伸ばせませんでしたが、
マレーシアの固有種で、オランウータンと同じく絶滅危惧種となっている天狗ザルやカニザルの住むジャングルをたずねるリバークルーズに参加しました。



6C260B99-A6B5-47D8-829F-8046822925E0.jpg

尻尾もながーいカニザルさん。
天狗ザルもいたみたいですが私たちは見つけられず。



0342FFC7-EA58-4FB8-8475-4404B45104E9.jpg



森は深く、
キナバル山は凛々しく、
日が暮れてから再び漕ぎ出した川辺には、
幻想的な森のクリスマスツリーが!
ボルネオ島の蛍です。
スマホのカメラにはおさめられなかったけど、
目を閉じれば、、、(*⁰▿⁰*)

「鼻がこんなに大きなお猿さん(天狗ザル)に会う!」
ガイドブックを見ていた息子は満足できないようで、
次の日は動物園へ。

047FB746-C416-4460-B03A-0D7299FD8F4A.jpg

こちらは野生のリス。

864F680B-F41F-4CB0-A06A-F6CA106487E5.jpg

9E733881-8A8E-4D2F-A669-D33D87371D72.jpg

ぞうさんも近い!

B8D88200-F925-4629-9AA0-2DD9CE2F1653.jpg

蛇にもターッチ!
そしてこれが、念願の天狗ザル。


8E8075C5-1082-49E3-BE28-9EB4581B3819.jpg



どこまでが施設かわからなくなるような、
自然に囲まれた気持ちの良い動物園でした。

息子ものびのびとマレーシアの自然を満喫していました。

ボルネオ島は動植物の宝庫。
たった数日の滞在でも、
海沿いのホテルのビーチでビールを飲んでいるだけでも、緑の息吹を、マイナスイオンを、酸素そのもの!を感じました。でも、

実は物凄いスピードでこうした自然も野生動物も減り続けているという現実。

ボルネオ島の熱帯林消滅は世界で最も早いと言われています。
プランテーションだけではなく違法伐採や農地開拓、焼き畑農業など至る所でジャングルが焼失し続け、
1985年からの30年の期間で観測すると、半分以上の熱帯林が失われ、今もなお減少し続けていると。

そして日本は、
世界最大の熱帯雨林の木材の輸入国で、
その半分はまさにここ、ボルネオ島のマレーシア領からだそうです。

2020年のオリンピック楽しみだけど、沢山の競技場建設に、どんな木材が使われるの?
豊かなのにほっぽりっぱなしの日本の森からは?

もしお家を建てるなら(ないけどさ!)どんなこと考えられるかな。

だって私たち、
酸素吸って生きてるんだから、
森の人
ですもんね。
オランウータンだわ。


そんな事を勉強中。
息子にもちゃんと伝えられるように!











posted by ゆみ at 17:44| 大阪 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

4歳!


先日は保育園の参観・懇談へ。

木曜日の事でしたので、私が朝のオンエアと収録終わりで保育園にダッシュして、夫とバトンタッチ!
こんな時に理解のある私の職場、
そして何かと融通をきかせてくれる夫の会社、
なかなかこういうところはまだ少ないのかなと思います。
そして、こんな風に子供のことや家族のことを当たり前に優先できる企業が増える事が、女性が働きやすい社会になるには欠かせないことかと思います。

先日4歳になった息子は、
「後何日寝たら、発表会!」
と参観日を指折り数えて楽しみにしていました。

先日、保育園の素晴らしい生活発表会があったとこなのですが、この日もばら組さんだけの、小さな演奏会がありました。

ギリギリ間に合った私を見つけて、それはもう嬉しそうに、とても得意げにカスタネットを叩いておりました。
リズム、めちゃくちゃでしたが。。笑

そのあとは園庭で体操やマラソン!
かけっこ!
転がしドッチボール!

はぁはぁ。笑


80678221-97AE-471D-99F6-AE3A94AB5DF7.jpg

一緒に工作をして、
お給食を一緒にいただき、
そして担任の先生方を囲んでの懇談。

毎回子どもたちの園での生活を切り取ったステキな写真を用意してくださって、それを見ながら、子どもたちの日常や成長についてお話しくださいます。

和気あいあいとした特別な時間。
それは、我が子を共に育ててくれている、かけがえのない方との時間。
もはや家族レベル。

先生は時に涙ぐみながら、本当に愛おしそうに子どもたちのことを話してくれます。

「3歳から4歳の子どもたちは、自信を育む時。鼻がどんどん高くなっていいんです。たくさん褒めてあげてください。」

いつも子どもの持つ本来の素晴らしさを教えてくださいます。

これなら家で少々怒りすぎてても大丈夫だわ、と思ってしまうくらいの愛。
もう本当に、先生、神!って毎回思います。

子どもが愛しくて抱きしめて、
あぁもう神様、こんなプレゼントを本当にありがとう!と大げさに祈ってしまう時、
欠かさず保育士さんにもお礼を。
本当に。

帰って夫と、

「それにしても先生方って、終始あのテンションなん?(子どもといる時の元気さ、子ども目線に合わせて大人と子どもを行き来するその巧みさ、そして半端ない運動量!!)
お給料、倍くらいにしてあげてほしいよな。」
と話しました。

大阪市は、保育所待機児童の解消のために、たくさんの役所に保育所の設置を目指す方針を発表しましたが、どう考えても保育士さんが足りてないです。
待機児童をゼロにするには、保育士さんのお給料もだし、環境を良くしていく対策、お願いしたいです。



おかげさまで、
4歳になりました。

引っ込み思案で、誰の子?って思っていた息子も、
やんちゃになってきました。

いつまでチューさせてもらえるかなぁ?




1602025D-1DF3-4F2B-95A0-55F85D05A261.jpg








posted by ゆみ at 06:44| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする